わたしの海外生活体験

アメリカ留学|2度目の留学は本気の正規留学!

「自分が考えていたことはこれだ!」
活力ある組織を生み出すための、従来の価値観を超えた方法を学びに再留学の道へ

1回目の留学で英語嫌いに拍車がかかったものの、ある本との出会いがきっかけとなり、2回目の留学にチャレンジした岩本さんをレポート!

最初に留学したのは20歳の時。海外出張の多かった父は、喜んで送り出してくれました。ただ、初めての海外生活、かつルームメートとの生活であったため、彼女と「部屋をどうやって使っていくか」という契約を結ぶ時、日本式になあなあで済ませてしまい、おかげでトラブル続き! 彼女は部屋にボーイフレンドを度々連れてきて、しかもその彼と部屋で2人きりにさせられたこともあり、海外で暮らす時には相手ときちんと話し合い、契約を結ぶ際には「これはいい、これはダメ」と特に最初にはっきり主張する必要性を実感しました。

でも残りの半年間は、リビング、キッチンなどの共有スペースを4人でシェアしつつ、それぞれが個室を持つという形式のアパートに引っ越したため、音のトラブル等いろいろありましたが、知らない人同士でもそこそこ快適に暮らすことができました。さらに、学校のコンサートバンドやジャズバンドに入り、日本でも演奏していたトロンボーンを演奏するなど、楽しく過ごすことができました。英語を使わなくてもコミュニケーションできるものがあると非常にスムーズに周りに溶け込みやすいです。周りをみまわして、他の日本人で馴染んでいる人たちも、バスケットボール、サッカーなど、言葉を使わないでも楽しくコミュニケーションできるものを持っていました。

1回目は交換留学だったため、「学校の代表なんだ」という力みが常にありました。アメリカ人と友人にならなきゃいけない、英語をマスターしなければいけないなど、少し気張り過ぎていたようです。一般的に「アメリカ人の大学生はよく勉強する」といわれていますが、学士課程、特に1、2年生はア メリカ人学生もまだ子供で、カリキュラムもまだ楽なため勉強よりパーティ三昧といった感じも見受けられ、ものを学ぶ意識や姿勢が低く、正直がっかりした思いもありました。大学により違いますが、大きい州立大学はその傾向が強いと思います。実際3年生になれずに、もう一度2年をやったり、学校を去る学生も多くいます。

この留学がトラウマとなり、 「もう二度と留学なんて行かない!」と思っていた自分が再留学を決意したのは、中野民夫氏の書いた『ワークショップ』(岩波新書刊)という本との出会いから。当時福祉関係の仕事をしていた私は、就職して7年がたち、仕事は十分面白いながらも、常に自分の人生に迷いを感じていました。職場でワークショップという言葉の定義の話をしていた時に、書店で偶然目に入ったこの本を読んで、「自分が考えていたのはこれだ!」という手ごたえを持ちました。

著者の中野氏は、博報堂に勤務している現役のビジネスマン。本には、10年前にカリフォルニア統合学研究所で学んだこと、「まだあまり認められていないスピリチュアルな要素を、日々暮らしている日常の社会の中でどのように活かしていくのか」、「一番大切なのは日々生きていく日常である。その日常をよりよく生きるにはどうすればいいか」など、氏が実践しているワークショップや世界観が書かれていました。経済社会の中で働いている人が著者だという点に説得力を感じ、彼が卒業した大学で学ぶことを決心。あの時本屋に立ち寄らなければ、今の私はありません。本当に人生は偶然の積み重ねだなあと感じたものです。

その後一念発起し、TOEFL、論文、面接を無事クリアし、合格。8月末より始まったセメスターから大学に所属し学んでいます。ただ日本での事情があり、年内はオンラインと集中講座での履修を主とし、次の1月からのセメスターよりアメリカに渡って思い切り学んでくるつもりです。

将来は、CIISで学ぶ「個々人の能力を最大限に引き出し、組織の活力を高める」という分野を活かし、人がよりよく生きていくために個人の力を最大限に発揮することを身につけられるようなコミュニティを作るのを目標にしています。

ジャンル 正規留学
滞在地 アメリカ・ノースカロライナ州(1回目)、カリフォルニア州(2回目)
滞在期間 ノースカロライナ州1年、カリフォルニア州2年程度の予定
目 的 最初の留学時は大学の交換留学プログラムにて。親元を離れ、異国で暮らしてみたかったため。2度目は自分が学びたいものがある学校を見つけたため。
入学や渡航の準備 1回目は大学を通して手続き。2回目は個人で。
総費用 約200万円(1回目留学時)、2回目未定(650万円くらいを予定)
食 事 寮にいた時は大学のカフェテリアにて。アパートでは自炊。
出発前の英語力 1回目TOEFL450点、2回目550点
学校名または
参加コース名
1回目 ノースカロライナ州立大学シャーロット校、
2回目 カリフォルニア統合学研究所Human and Organizational Transformation M.A.(修士課程)

-わたしの海外生活体験
-

Copyright© 海外旅行ナビ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.