わたしの海外生活体験

アメリカ ニューヨーク留学|路上販売からジュエリーデザイナーへの道へ!

前向きな努力で、運は自分でつかむもの!

ダンスを習いにやって来たニューヨークで見つけた、ジュエリーデザイナーへの道。ハンドメイドのアクセサリーがNYっ子たちに大ウケで、作るそばから売れていくという、今後の活躍が楽しみな御厨さんをレポート。

踊ることが大好きで、日本ではハウスダンスのインストラクターをしていました。また別のダンスを習いたいと思いやって来たNYでは、感情表現豊かに楽しんで踊る地元の人たちにとても感激しました。彼らを見て、ダンスは仕事ではなく楽しむためのものにしようと決め、そんな時に出会ったのがストリートでジュエリーを売っているおじさんでした。

アメリカ人は大の石好き。種類によってそれぞれ意味があり、たとえばクリスタルは身につけていると悪いエネルギーから守ってくれたり、綺麗な気持ちにしてくれたりします。おじさんから石の意味を教えてもらううちに、私も石とワイヤーを組み合わせてジュエリーを作ってみたいと思うようになりました。彼に「まず100個作ってきなさい。それから教えてあげる」と言われ、寝る暇もないほど作業に没頭。授業料の代わりにおじさんに自作のアクセサリーを提供して売ってもらい、自信がついたところでSOHOやマンハッタンで、自分で路上販売するようになりました。

その後、新聞のジュエリーデザイナー募集の広告を見て応募。ファッションデザイナーと組み、モデルを使ってクラブでショーを開催することになりました。石の意味を含めた自作の詩を朗読するスタイルで、「すごく良かった」とわざわざ言いに来てくれたお客さんもいました。指輪1つ作るのに約30分かかるし、老若男女関係なくお客さんがついてくれるので、注文に追いつかないくらい売れ行きは好調です。両親に見せると「ボタンつけ一つできなかったのに。本当に自分で作ったの?」と驚かれました。細かい作業ですけど、作り始めると気持ちがやわらいできて、嫌なことも忘れられます。営業の時や詩を作る時に必要なので、英語を習いながら、今後もショーを開いてがんばっていくつもりです。

ジャンル ワーキング+語学習得
滞在地 アメリカ(ニューヨーク)
滞在期間 約2年
目 的 最初はダンスの習得、現在はデザイナーとして成功するため。
入学や渡航の準備 クイーンズに住んでいた友人に依頼し、住む場所をあらかじめ探してもらった。
総費用 約100万円
食 事 自炊、外食
出発前の英語力 英語会話初級
学校名または
参加コース名
NYランゲージセンター、ライティング(エッセー)、TOEFL受験、リスニングなどのコース

-わたしの海外生活体験
-

Copyright© 海外旅行ナビ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.