わたしの海外生活体験

イギリス留学|花屋さんで日本にはないアレンジを実習

菊もイギリスではかわいい花
斬新な色使いと日本人にはない感性

ホテルのお花屋さんに勤務後、海外の斬新な色使いが忘れられずロンドンでのインターンシップに挑戦した体験レポート。

専門学校時代、オランダ人の先生に教わったことがあり、日本人にはない斬新な色使いがとても印象的でした。卒業後、一年間品川プリンス内の花屋さんで働きましたが、海外のお花屋さんで働いてみたいという思いが強くなりました。

店先にあえてお花を飾らないロンドンでもモダンでオシャレ、花束ひとつが約4,500円もする高級なお店。スタッフの人に電話で受けた注文をゆっくり説明してもらい、お客さんの予算内で花の組み合わせも自由に作りました。

スタッフにお客さんが買った後、「どうだった?」と聞くと、とても喜んでくれたとのこと。私は直接会っていないので、日本人が作ったということも知らないお客さんに認めてもらい、とてもうれしかった。

日本のお花屋さんと仕入れているお花の種類はあまり変わらないけれど、日本で好まれる花束は、オレンジ×黄色など色の濃淡や同系色が好まれる。イギリスでは、色の組み合わせが艶やか。濃い色と濃い色、例えば赤×黄×紫や緑×白なんて、一見ケンカしてしまいそうな色合いも、絶妙なバランスで組み合わせて作っていました。

縁起が悪いと思われそうな黒いラッピングペーパーで紫の花を包んだり、日本では仏花としてのイメージが定着している大輪の菊をかわいい花束にしたりしていました。

ジャンル 語学研修+インターンシップ スキル&ライセンス
滞在地 イギリス(ロンドン)
滞在期間 1カ月
目 的 語学と花の技術の向上
滞在中の住居 ホームステイ
入学や渡航準備 手続きはアフィニティさんに任せ、私は荷物をまとめるだけ
総費用 10万円弱
食 事 朝食・夕食はホームステイ先で。昼食は学校のカフェ。たまにレストランでも
出発前の英語力 ほとんどできなかった。英語も得意ではなかったが、勉強した
学校名または
参加コース名
フローリストでワーク体験+語学研修
週末の過ごし方 平日は学校と花屋さんでのインターンシップで遊ぶヒマがなかったが、休日はその分、カフェをめぐって、おいしいカプチーノやカフェモカのお店を探したり、友だちとショッピングに出かけたり、美術館に行ったり、おいしいレストランに行ったり、一日中遊んでいた

-わたしの海外生活体験
-

Copyright© 海外旅行ナビ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.