海外渡航マニュアル

お金に関する基礎知識

賢いお金の管理方法

3カ月以内の短期滞在の場合は、現金と国際クレジットカード、トラベラーズチェック(以下、T/C)があれば十分。海外滞在がそれ以上にわたるなら、現地で銀行口座を開くと何かと便利。口座が開設できるまでは現金とT/C、クレジットカードを使い、口座開設後はそこに日本から必要資金を送金してもらうと良いでしょう。このほか最近では、インターナショナル・キャッシュカードやインターネットバンキングなど便利なものもできているので、それらをうまく活用して賢いお金管理をしよう。以下にその具体的準備方法と手続きをまとめてみました。

現 金

現地に着いてまず必要になるのがやはり現金。空港からのタクシー代やチップ、その他ちょっとしたことに関して、すべてカードでまかなえない場合もあるからです。必要以上の現金を持ち歩くのは危険ですが、最低1週間分の生活費程度の現金は持参したいものです。
現地通貨への両替は現地の空港でもできますが、必要最小限は日本で出発前に替えておくと、いざという時心強いものです。

国際クレジットカード

海外ではパスポート同様、国際クレジットカードが身分証明書代わりとなるので、必ず1枚は作って持参しましょう。アメリカやヨーロッパは完全なカード社会。ホテルを予約する際やレンタカーを借りる時にカードの提示を求められることもあります。カードは利用してから約1カ月後、日本円に換算した支払い金額が日本の銀行口座から引き落としになるので、海外で資金不足になった時の強い味方にもなってくれます。ただし、残高不足には要注意。

また、カードはキャッシングもでき、両替の手間がいらないのも魅力です。盗難・紛失の際には再発行も可能で、カードによっては海外旅行傷害保険が自動的に付くなど、数々のメリットがあります。クレジットカードの新規取得には約1カ月かかるので、申し込みは早めに。どうしても急ぐ場合は、VISAカードやJCBでは、申し込みから1週間後に手元に届くトラベルカード(使用期間は限定される)を発行してくれます。

インターナショナル・キャッシュカード

日本の各銀行では、日本の自分の口座にある預金を各国の提携CD/ATMから現地通貨で引き出せる国際キャッシュカードを発行しています。カードの取得には普通口座が必要で、カード発行には手数料がかかります。利用手数料も1回当たり200~400円かかり、1日の利用限度額があるので、詳しい内容は各銀行に確認を。シティバンクの場合、インターナショナル・キャッシュカード「シティカード」なら発行手数料も不要で、100カ国を超えるシティバンクのATMでいつでも無料で引き出すことができます(一部例外あり)。また世界に330万店あるマエストロ加盟店ではキャッシュレスで買い物ができるメリットも。

多機能カード

最近では各銀行でさまざまな海外渡航者用の多機能カードが発行されています。あさひ銀行の「ビザ トラベルマネー」はT/Cとキャッシュカードとデビットカードの3つの機能を持ったカード。また、シティバンクの口座を持っていない人でも発行してもらえる「ワールドキャッシュ」は、手数料はかかるが現地のATMでいつでも現金が引き出せるうえ、加盟店でのキャッシュレス・ショッピング、国際電話も料金後払いでかけられるなどのメリットがあります。さまざまなカードがあるので、銀行や旅行代理店で相談を。

現地口座

たいていの国では、銀行口座開設には長期滞在者用ビザや身分証明などが必要。社会保障番号が必要な場合もあり、その取得に時間がかかるので、早めに手続きを。
口座には有・無利息のチェッキングアカウント(普通口座)と、有利息のセービングアカウントの2種類があり、小切手を使えるのはチェッキングアカウント。海外生活では小切手は欠かせないものなので、必ず入手しましょう。また、オーストラリア・ニュージーランド銀行や東京三菱銀行など現地口座を日本で開ける銀行もあります。

インターネットバンキング

インターネット上で銀行のさまざまな手続きができるサービスのこと。銀行によってサービス内容は異なりますが、口座の残高照会や入出金の明細照会、振込・振替などがいつでもどこでも利用できます。インターナショナルカードやクレジットカードの指定口座の残高を管理でき、海外生活にはとても便利なので、出発前にサービス内容の確認・登録手続きをしておきましょう。

マネーなんでもQ&A・外貨

マネーなんでもQ&A

Q 出発前に外貨預金をしておいた方がいい?

A 外貨預金をしてインターナショナル・キャッシュカードを作っておくと、為替の変動に関係なくその通貨建てで現金の引き出しができるので便利。ただし今は円安が続いているので、必ずしも得するとは言えません。できるだけ円高の時を狙って口座を開きましょう。

Q できるだけ安く手軽に送金してもらうには?

A シティバンクの場合、電話を利用して送金すると日本での手数料約4000円が無料に(口座残高など条件あり)。郵便局の国際郵便為替で送ってもらうのは手数料は安いのですが、安全性には心配あり。 その他、送金ではありませんが、上記のインターナショナル・キャッシュカードで日本の銀行口座から引き出すのが一番手軽。

Q 海外の銀行はどうやって選ぶ?

A 現地で支店が多い銀行を選ぶに越したことはありませんが、もちろん信頼度が重要。現地の人に相談するなどして、使いやすい銀行を選ぶのがよいでしょう。  銀行によってシステムや手数料が違うことも多いので、よく比較検討すること。シティバンクの場合は海外支店・提携ATMも多く、日本にも支店が増えているので、検討してみる価値あり。口座残高などの条件はありますが、手数料無料のサービスも多くあります。

-海外渡航マニュアル

Copyright© 海外旅行ナビ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.