海外留学・ワーホリ

ホームステイの基礎知識

滞在地の一般家庭に寄留し生活を体験するのがホームステイ

現地のファミリーとひとつ屋根の下で暮らすホームステイ。会話をはじめ、その土地の生活習慣を肌で感じるには最良の方法のひとつといえます。海外生活は初めてで心細いという人には、いつも近くに誰かがいるので心強いことでしょう。料理や後片付け、掃除を手伝うなど、ささいなことから国際交流は始まります。ステイ先は複数の外国人が同時に滞在している場合もあるので、「自分と家族だけ」のスタイルを希望する場合はプラン内容の確認が必要です。

1日の生活スケジュール例滞在地 イギリス(カンタベリー)

滞在期間
1週間
住 居
ホームステイ
生活体験
家族と一緒に過ごす
家族に日本料理を教え、イギリスのケーキを 教えてもらう
ステイ先で家族と一緒に さよならパーティをしてお別れ
時間 スケジュール
8:00
起床。家族と一緒に朝食
10:00
街の散策 (一人で街へ出かけ、 ショッピングをしたり、観光名所などへ)
13:00
テイクアウトの昼食や レストランなどへ
13:30
ふたたび街の散策へ
15:00
帰宅。 英語をホストマザーに教えてもらって 1時間勉強
18:00
家族と一緒に夕食。 食事の準備や後片付けを手伝う

ホームステイのマナー

お客様気分の勘違いがトラブルの原因に「郷にいれば郷に従え」の精神が大切

基本的にホームステイは、受入れ側の善意があって成り立つもの。だから、その家庭のルールを守りながら一緒に生活していくという心構えを忘れてはいけません。
食事の後片付けなどは積極的に手伝う、自分が使っている部屋やバスルーム、トイレの掃除や整理整頓は進んでやる、友人を家に招く時は事前に許可を得る、外出・外泊する際は行き先をきちんと伝えておく、といったことは基本。
また家庭内での喫煙や飲酒はホストファミリーの許可がない限りは禁止。ホストファミリーのリクエストを提出する時に、喫煙やアレルギーの有無などを伝えておきましょう。

ホームステイのための準備とは?

言 葉

言葉ができるかどうかよりも、交流したいという態度が大切

語学研修でなく、ホームステイでの生活を主目的にしている場合でも、渡航前にその国の言葉を勉強していくことは必要。とはいえ流暢に話せるとはホストファミリー側でも期待していないのでご安心を。
英語圏であれば、中学英語程度ができればさほど困らないはず。それ以外の言語圏でも最低限あいさつくらいは話せるようにしておきたいものです。
もっともホストファミリーは、お客様としてではなく、家族の一員として迎え入れようとしてくれるはず。言葉が話せなくても、コミュニケーションをとりたいという態度は伝わるものです。積極的に交流の機会を持ちましょう。

 

生活習慣

小さな疑問もその都度解決すればトラブルの大半はクリアにできるはず

出発前に頭の中でイメージを膨らませすぎると往々にして実際とのギャップに戸惑うことに。とはいえその国の文化・習慣・社会事情を事前に勉強していけば、カルチャーショックをやわらげ、無用なトラブルを避けることができます。
一番大切なのは、ホストファミリーの生活習慣に対する疑問やとまどいが起こった場合は、勝手に判断したり思いこんだりしないで、きちんと質問してみること。ホームステイでのトラブルの大半は、こうした歩みよりと前向きな行動で、ほとんどがその場でクリアできます。

 

日本からのお土産

必ずしも必要ではないけれど心のこもった品があればベスト

ホストファミリーへのお土産は必ずしも必要ではありませんが、日本らしい物や手作りの品ならコミュニケーションを図るきっかけになるかもしれません。
家族の写真や自分の趣味を紹介できるような身近な品ならば、会話のきっかけにもなります。
持っていくならば、高価なものよりも、感謝の気持ちを表すものを。

ホームステイ以外の滞在スタイル3種類

ホテル・ペンション系

費用は気にせず、旅行気分も失いたくない…そんな人には長期滞在は難しいものの、気楽に滞在できるのがホテルなどの公共宿泊施設。
食事は施設内はもちろん地元のレストラン、カフェを利用したり、パンや惣菜をテイクアウトして公園でランチなど、費用を抑えるのも工夫次第。
掃除など暮らすための労力は省けるので、他の目的に時間とエネルギーを注ぎやすいかも。

 

アパート・コンドミニアム系

地元の人と同じ目線で…というならキッチン付きのアパート。
日本と違って家具付きの部屋もあるので、1日目から生活者気分を味わうこともできます。ただし契約は週単位などが多いため、短期間の人には不向き。
一般的に、日本のアパートよりも室内は広いため、友人と部屋をシェアすれば、より経済的。ただし治安面や危険回避を含め、自己管理能力はそれなりに必要。

 

ファームステイ

農場や牧場をやっている家庭に滞在するスタイル。
牛の乳絞り、羊の毛刈り、フルーツの収穫など普通では体験できない農作業に参加することもできます。労働義務があるものと体験のみのプランがあります。
その他にも乗馬、4WDツアー、バーベキューパーティなど、アクティビティもファームによって盛り沢山。
家族が英語のレッスンをしてくれるプランもあります。ゲストルームは家族の住む母屋にある場合と、離れになっている場合があります。

宿泊関連の基礎用語

宿泊関連の基礎用語
ペイイングホームステイ 1泊2食付きなど条件付きで滞在費を払うホームステイ。 日本でいう下宿のようなもの。
シェアメイト 何かを共同で使用する仲間、人。
シェアハウス ひとつの家を何人かと共同で住むことができる家。
ルームシェア 部屋を何人かと共同で使うこと。

-海外留学・ワーホリ

Copyright© 海外旅行ナビ , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.